忍者ブログ

ぎんねこ商人にっき

名声無いけど夢はある。
 

[PR]

2017/05/27(Sat)15:12

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

ぎんねことちいちゃなべべちゃん

2007/06/21(Thu)14:43

 孵化器にタマゴを乗せてスイッチオン! 
  
 ウィィィーン
 
 モーターが唸る音と共に、タマゴがクルクルクル回転し始めました。

 パカッ

 ぷきゅ?

 中から想像していたよりも、ずっと可愛い生き物が現われました
 
 サベージベベは、不思議そうにこっちを見上げています。それも当たり前、さっきまでお母さんや兄弟ベベと一緒に居た筈なのに、目が覚めたらひとりぼっちで見知らぬ部屋なのですから。 
 ぎんは慌ててポッケからエサを取り出しました。エサを食べてくれないとペットは逃げ出してしまうのです。
 時間を置いて、エサをもう一回・・・
 もう少し時間を置いて、エサをもう一回・・・
 ベベは、目の前に出されるご飯を夢中で食べています。もう大丈夫、どうやら餌付けは成功のようです。

 「お外に出てみる?」

 ベッドから立ち上がって、ぎんはちょっと歩いてみました。
 右へ歩けば右の方へ 左に歩けば左の方へ
 ぎんの足元をチョコチョコとサベージベベが付いて回ります。

 わぁ~(^^*)

 お部屋の中をグルグル駆け出すと、負けじとベベもクルクル走り出しました。
 
 一緒に狩りにも行けるんだ・・・




 いつもは一人で歩く道も、今日から違います。ぎんには「べべちゃん」が居るのです。

 「わぁ 可愛い~」
 
 イズルードの町中で 市場前に座ってたグループの女の子から歓声が聞こえました。ぎんは照れ嬉しくて慌てて駆け出します。
  
 カタコトコトコトッ 
 
 カートの車輪の間をベベちゃんがピコピコ歩き回ります。



 一人と一匹分の船賃を払って、バイラン島へ渡りました。この島の奥に、海に繋がる洞窟があり いくつかトンネルを抜けて人魚がいる場所まで歩いていくのです。
 
 三番目のトンネルの前で、ぎんはべべちゃんに耳打ちします。

 「あのね、今から一緒に行く場所にはロボットが居るの。ぎんと同じような人間なんだけど、中身は機械なの。悪いプログラムが入っててね、他の人の獲物を横取りしたり、邪魔したりするの」
 
 ちょっと怖い話なのに、ニコニコしてるべべちゃん。ちょっと前のぎんのように、この子も怖いことは何も知らないのです。ちいちゃなベベちゃんの飼い主は、ぎんなのだから、ぎんがベベちゃんを守らなくっちゃ!
 最後のトンネルを前に、ぎんは大きく深呼吸しました。

 「じゃ 人魚海岸へ行くよ?」

 ソードメイスをギュっと握り締めて、2人は光のトンネルの中に入っていきました。

(ぱーと②へお話は続きます)
PR

No.9|ぎんねこ日記Comment(0)Trackback

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字